本文へジャンプします。



@niftyアルバイトトップ > パートタイマーが気になる「扶養控除」を基礎から解説!

パートタイマーが気になる「扶養控除」を基礎から解説!

パートタイマーが気になる「扶養控除」を基礎から解説!

 平成23年分から適用される平成22年度税制改正で「私の扶養控除はどうなるの!?」 と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。15歳までの年少扶養控除は子ども手当に移行する形で廃止に なりますが、今回の改正では配偶者控除に影響はありません。

 しかし、控除全般が廃止や縮小の方向で検討されていますから、今後のためにも仕組みをしっかり理解し、自分に合った働き方を見つけておきたいものです。

 そこで、「配偶者の扶養枠内で効率よく働きたい」「主婦業とパートの仕事を両立させたい」という方のために「扶養控除」「103万円の壁、130万円の壁」 の意味をわかりやすく説明するとともに、パートタイマーの税金や年金、雇用保険など、気になるポイントを徹底解説!

 週に働きたい日数×1日の労働時間×時給から、扶養控除内に収まるかどうかが簡単にわかる早見表も用意しましたので、ぜひお試しください。

Text=萩原まみ 2011.01.04. Update

*平成22年12月現在の情報をもとに作成。
*扶養者・被扶養者は男女どちらにも当てはまりますが、わかりやすくするために、
 扶養者を夫、被扶養者を妻としています。
*一部省略、表現を簡略化している箇所があります。



推奨画面サイズ
1024×768 以上

本サービスに掲載される求人情報はすべて各情報提供元の求人情報です。情報内容については@niftyアルバイトでは一切の責任を負いかねます。

このページの先頭へ